be myself, be yourself

About

Alopecia(アルペシア)とは脱毛(症)のことです。


Alopeciaのわたしは、スキンヘッドとウィッグ姿、ふたつの髪形を持ちあわせ「自分」という旗を立てながら、「わたし」を生きている。


あなたがあなたらしく、生きるきっかけになりますように。


わたしらしく、あなたらしく。
be myself, be yourself.



円形脱毛症を考える会「ひどりがもの会」の会員







Alopecia JUNKO


わたしらしく、私を生きる


私は、生まれつき髪の毛がなく、
ウィッグを使いながら日常生活を送っています。


当事者の私としたら
髪の毛がない!ことは大問題


でも、他者にとっては
「たいしたことはない」と思う人も少なくない。


人がどう思うかより
私はどうしたいのか
どう生きたいのかを考えるようになると
自分だけが歩める特別な道がはっきりとしてきます。


髪の毛があったら、わからなかったこと
髪の毛がないから、わかること


わたしがわたしらしく生きることで
あなたがあなたらしく生きることの
きっかけになりますように






経 歴


静岡県生まれ/高等学校卒業
1995年 卵巣嚢腫で手術(抗がん剤治療半年)19歳
仕事をしながら心理学を学ぶ
2008年 婦人科のすべての臓器を切除する 36歳


脱毛症の発症年齢は人それぞれ。
先天性もあるし、後天性もある。


少し前は「ストレスがすべて」と言われてた「脱毛症」ですが、
いまは「自己免疫疾患(自分の細胞を自分で攻撃してしまうようなこと)」
ということが原因の一つとしてわかってきました。


多くの人が耳にしたことがある「単発形円形脱毛」や「10円ハゲ」は、
約80%の方は自己治癒することも可能です。


ですが、その中で繰り返しすようになると「単発形」から「多発形円形脱毛症」となります。
また、すべての髪の毛が抜け落ちしてしまう「全頭型脱毛症」、
そして、髪の毛に限らず、
睫毛や眉毛など他の体毛に影響する私と同じく「全身型脱毛症」も‥


わたしらしく、あなたらしく。 
be myself, be yourself.


現在、スキンヘッドとウィッグ姿を楽しみながら静岡県富士市でライフスタイルコーチとし活動中
(講演・執筆の他、「子供脱毛症」・「ヘアドネーション」などについてもご相談ください)






資 格


トランザクションアナリスカウンセラー(交流分析)
色彩心理診断士
米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
ドリームマップ普及協会 ドリマ講師
TCS認定コーチングスキルアドバイザー
MCS認定マザーズコーチングティーチャー

Work

illust


2016年


4月16日 ヒューマンライブラリー 生きている図書館 ブックオブ.りーふぐりーん主催
7月10日 円形脱毛症を考える会(ひどりがもの会)ドリームマップ講師としてワークショップを開催
9月11日 当事者向け(Berry & Roseサロンをお借りして)ドリームマップ講師としてワークショップを開催
学校授業ドリームマップ講師 静岡県内 10校(6校は1月、2月予定)






2015年


3月20日 静岡をアツくする会(異業種交流会)「先天的な病気による、コンプレックスを克服した女性によるプレゼンテーション」
4月11日 ヒューマンライブラリー 生きている図書館 ブックオブ.りーふぐりーん主催
6月13日 NPO法人青少年就労支援ネットワーク静岡(若者サポーター定例会)「わたしらしく、あなたらしく」
10月11日 せたがやヒューマンライブラリー 駒澤大学文学部社会学科坪井ゼミ主催
11月15日 情熱プレゼンバトル(異業種交流会)「脱毛症を知っていますか?」
学校授業ドリームマップ講師 静岡県内 8校


 

Blog

2017年5月19日 Blog
日本の最北端!だからzoomでつながる

私はスキンヘッドもウィッグ姿も両方楽しむ
ライフスタイルを確立した
「欠点」を「美点」に変える魔術師♡

 

私の経験は
あなたの、何かのヒントになるかも知れません

先週、私の記事が公開になったことで
相談や、問い合わせ、応援メールをいただき
本当に感謝しております。

 

今日は、ある方と、zoomでお話をしました。

 

その方は日本最北端に住んでいる為
私に会いたくても会えない
自分と同じ悩みを持っている人に出会うことがない
話が出来ない、聴いてもらえない
そんな日々を過ごしていました。

 

SNSは好きではないし、
ご自身のことを知られてしまう怖さもあるので
本人曰く、消極的になってしまうそうです。

 

zoomという機能を使い
簡単につながることで、遠いけど近い
当事者と出会えたことで、
緊張していたお顔が
緩んでいく変化を、
ご本人も、私も感じることが出来ました。

 

内容は書けませんが、
思い悩むことは、重なりあって
避けることも、消し去ることも出来ないけれど
今ある現実・事実をどう受け止めていくか

ここがまた、悩ましい…

ただ、その方が続けてこられた
生き方(仕事)を無駄にするのではなく
今以上に広げることが出来る
その可能性がたくさんあること

そして、髪の毛のトラブルを抱えた自分を責めるのではなく
そんな自分を許してあげるのも必要ですねと
最後にお伝えをしました。

 

私と、話したいと思っていただけたことも
その方の、一歩につながります。

 

変わりたいと思うならば
「こんな私は・・・」と思い込むのはやめにして
いくつになっても変われるのです。
その可能性は、誰でも持っているから…

 

5月10日に取材記事が公開されました

↓↓↓

http://soar-world.com/2017/05/10/junko/

 

Contact

講演・執筆のご依頼、お問合わせはこちらから。

※hotmail.com、outlook.comはメールを受信できない場合があるので、使用しないでください
- -